【通知】ピンタレストを誰でも月間閲覧者数10万人まで伸ばせる方法

人生を楽に生きたい人がとるべき7つの方法【何も考えない】

LIFE
悩んでいる人
悩んでいる人

あー、人生がつらい。
もっと楽に生きるにはどうすればいいんだろう。

幸せになりたいな。

ケント
ケント

そんな悩みを解決します。

世の中って生きづらいですよね。
少し楽になったと思ったら、別の問題が出てきたり。

なんでこんなにつらい思いをしないといけないのか。そう考えていたことがあります。

この記事の内容

  • 人生を楽に生きたいなら、何も考えないこと
  • 幸せになりたいなら、やるべきことは1つ

この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、会社員の経験が3年ほどあり、転職を2回ほどしています。
うつ病で退職しており、今はフリーランスとして活動中です。

そんな経験から、人生を楽に生きる方法を7つ、紹介していきます。

この記事を読み終えるころには、苦しい気持ちから解放される未来が見えてくるはず。

※この記事は、3〜4分ですぐ読めます。

スポンサーリンク

人生を楽に生きたいなら、何も考えないこと

人生を楽に生きる7つの方法は以下のとおり。

  • 何も考えない
  • 誰かに期待しない
  • 他人と比較しない
  • 自分を一番大事にする
  • 好奇心を優先する
  • 嫌なことはしない
  • 楽しいことを考える

詳しく解説します。

楽に生きる方法①:何も考えない

ケント
ケント

何も考えないって最強なんですよね。

例えば、以下のような悩みがあるとします。

  • 借金がある
  • 仕事がつらい
  • 恋人と別れた

しかし、何も考えない。
なぜなら、やるべきことは大体、わかっているからです。

悩んでいる人
悩んでいる人

借金とかは考えないと、返せないし…。

でも、結局やることって働くしかないわけじゃないですか。

逆に働かないという選択をした場合、自己破産という結論にたどり着くと思います。

やることは自然と見えてくるんですよね。
考えたところで仕方ないと思いませんか?

つらいことは考えなければいい。
そのうちなんとかなります。

考えない結果、人生が最適化された

僕はうつ病で退職しました。

普通なら家賃のこととか、次の仕事のこととか考えると思います。
しかし、何も考えなかった。

ケント
ケント

頑張ることに疲れたんですよね。

そしたら、人生が最適化されました。

何もしないと、世の中の仕組みが問題を解決させるために動きます。

  • 家賃→実家に帰らざるを得ない
  • 仕事→うつ病で会社無理→フリーランス

結果的に、ストレスフリーで生きれるようになりました。

楽に生きる方法②:誰かに期待しない

期待するとつらいですよ。
なぜなら、他人は自分の思いどおりに動いてくれないから。

ケント
ケント

期待しても、応えてくれないんですよね。

当たり前です。みんな自分の考えで行動しているので。

期待する人は、他人が自分のことを”考えてくれている”と勝手に思い込んでいます。

しかし、誰も自分以外のことなんか考えてないですよ。
そういうスタンスでいると誰かに怒ることもないし、気になることもない。

僕は昔に比べて、誰かに怒ることがなくなりました。
興味もない。

楽に生きる方法③:他人と比較しない

悩んでいる人
悩んでいる人

あの人はすごいのに、私なんて…。

ケント
ケント

まず、自分自身を受け入れましょう。

誰しも得意不得意があります。
どうにもならないことで勝負しても、結果は目に見えています。

そして、世の中には自分1人の力でどうにもならないこともある。

  • 政治
  • 会社の仕組み
  • 人の感情

変えられないことを悩んでも、時間の無駄です。
であれば、変えらそうなことに時間を使う。

そのほうが自分のためになりますよ。

楽に生きる方法④:自分を一番大事にする

自分のことをちゃんと大切にできていますかね。

例えば、自分の感情にちゃんと従っていますか?

「こうしたい!」と心が言っていたら聞いてあげてください。
聞いてあげないと苦しくなります。

我慢するというのは、心を殺しているのと同じですよ。

これだと楽に生きられないですよね。

楽に生きる方法⑤:好奇心を優先する

すべての行動の元になるのが、好奇心です。

ケント
ケント

人間はやりたいと思わないと、行動しないですからね。

この好奇心を無視したりすると、不満が溜まっていき、「人生つらい…」となります。
自分の好奇心を何よりも大事にしてください。

誰に何を言われようと、まずやってみてください。
やらないと、後で必ず後悔しますよ。

楽に生きる方法⑥:嫌なことはしない

僕は嫌なことから逃げまくってきました。

そしたら人生が楽になった。
やりたくないこと・嫌なことはしないと決めています。

日本人は我慢が美徳みたいな文化がありますが、もはや古いですね。

やりたいことをやらないと大勢に埋もれたまま、死にますよ。

一生、楽には生きられない。
やらなくてもいいんです。

楽に生きる方法⑦:楽しいことを考える

楽に生きられないということは、マイナス思考なんだと思います。

真面目だから、いろんなことを考えてしまって、マイナスのループに入る。

そんなときは、楽しいことを考えましょう。

  • 友人と遊んだとき
  • 好きなマンガを読んでいる場面
  • その日あったいいこと

マイナスな思考に入りそうになったときに、楽しかった場面を想像する。

そうすれば、楽しい気分になれます。

幸せになりたいなら、やるべきことは1つ

楽に生きるための方法を紹介しましたが、ある種の思考法みたいなもの。

これだと、幸せになるには足りないでしょう。

考えるより行動を優先する

これに尽きます。

考えてる暇があるなら、先に行動してしまったほうが早い。
なぜなら、考えると行動した先のことを考えて、動けなくなるから。

悩んでいる人
悩んでいる人

こうなったらどうしよう、もし失敗したら…。

そして結局、何も変わらない。

だからこそ、幸せになりたいなら考えるより先に行動してください。

失敗しても死ぬわけではありません。

行動すると必ず成長できる

行動とは変化であり、経験の積み重ねです。
1日で見るとほぼ変わらないかもしれません。

しかし、行動していると必ず変わっていきます。
必ずです。

必ずと言い切れる理由は、昨日の自分とはすでに違うから。

その経験は昨日の自分にはないものです。
だからこそ行動すべきなんです。

しかし、頑張る必要はない

行動しましょうと言いましたが、頑張る必要はないですよ。

なぜなら、頑張らないといけないこと=疲れるからです。

最高なのは、楽しいという状態

例えば、僕の仕事。

会社員の時は”頑張って”仕事をしていました。
しかし、今は楽しいから仕事をやる。

何も考えずに楽しめれば、自然に成果は出ます。

あまりやる気が出ないことなら、ゆるーく取り組めばOKです。
「まぁ、なんとかなるだろう」くらいの感じ。

まとめ:人生を楽に生きたいなら、考えずに行動しよう

人は「考えられる」ことがメリットでもあり、デメリットでもあります。

なぜなら、考えすぎて行動できなくなったり、マイナスの意識にとらわれるからですね。

行動できずに、マイナスの意識にハマれば、人生がつらい…となります。

なので、考える前にまず行動。

これを意識してみてください。

あとは自分の好奇心には正直に、やりたいことは全部やりましょう。
だんだん、人生が楽しくなるはずです😌

この記事のまとめ

  • 楽に生きる①:何も考えない
  • 楽に生きる②:誰かに期待しない
  • 楽に生きる③:他人と比較しない
  • 楽に生きる④:自分を一番大事にする
  • 楽に生きる⑤:好奇心を優先する
  • 楽に生きる⑥:嫌なことはしない
  • 楽に生きる⑦:楽しいことを考える
  • 考える前に行動する
  • 行動すると成長できる
  • しかし、頑張る必要はない
ランキング参加中!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
LIFE
スポンサーリンク
Kentoをフォローする
KenTo Blog
タイトルとURLをコピーしました