【通知】ピンタレストを誰でも月間閲覧者数10万人まで伸ばせる方法

スーツを着たくないのは当たり前【しかし、モテる】

WORK
スーツを着たくない人「スーツを着て働きたくない。でも社会人はスーツを着るものだよな。私服で仕事したいけど、どうしたらいいんだ…。」

こんな悩みを解決します。

この記事の内容

  • スーツを着たくないのは当たり前
  • スーツを着ない仕事をするには

この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、会社員経験が3年ほどあり、ずっと私服勤務でした。
夏はサンダルで会社に行ってました。

今回は、スーツを着たくないという感情は正しい、という話をします。
この記事を読み終える頃には、あなたも私服で仕事できる方法がわかると思います。

※この記事は、3〜4分で読めます。

スポンサーリンク

スーツを着たくないのは当たり前

就活や勤務初日くらいはスーツで働いたことがありますが、それ以外は私服でした。
その経験から、スーツのメリット・デメリットは以下のとおり。

メリット

  • 誠実に見える
  • デートでモテる
  • オンオフを切り替えられる

デメリット

  • 疲れる
  • 暑い
  • シワとかできる
  • 値段が高い

詳しく解説します。

スーツは疲れることが多い

スーツを着たくない理由として、これが1番だと思います。
疲れるポイントは以下のとおり。

  • ネクタイ結ぶのだるい
  • 首回りがきつい
  • 革靴だから靴擦れして最悪
  • 着替えるのだるい

スーツっていうだけで疲れるんですよね。

あとは着替えるのに時間がかかる。
アイロンする時間とかもったいなくないですか。

私服はリラックスできる分、パフォーマンスが上がります。
もうスーツを着る意味がわかりません。

スーツが個性を無くしている

スーツを着るとみんな誠実に見えます。
しかし、逆を言うと個性を出しにくい。

就活とか見てて思うんですが、みんなスーツだと人事が判断しにくいと思います。

私服で就活にした方が、どんな人かわかると思うんですよね。

スーツは服を選ばなくてもいい、は勘違い

例えばスーツのメリットとして、毎朝服を選ばなくていい、という意見があります。
これは少し勘違いで、私服でも選ぶ必要はないです。

僕はTシャツにパーカー、ジーパンというスタイルがほとんどでした。

同じ服は嫌という人も1週間のコーデを最初に決めておけばいいだけ。
私服でも服を選ぶ必要はありません。

スーツはメリットよりもデメリットが多い

  • 時間が無駄になる
  • 疲れるからパフォーマンスが落ちる

これがスーツの最悪なところです。
しかし社会人はスーツを着るもの、という意識があるように思えます。

私服を着ている人は負け組だ、みたいな雰囲気を感じるんですよね。

僕から言わせると私服の方が楽だし、どうでもいいんですけど。

ただ、スーツはモテます。

スーツだと2割増しでかっこいいと言われたことがあります。

仕事終わりのデートはスーツで、休日は私服というギャップがいいそうです。

これは捨てがたいですね。

スーツを着ない仕事をするには

私服で仕事をする方法をいくつか紹介します。

スーツを着ない仕事

私服の仕事で思いつくのは以下のとおり。

  • IT系
  • アパレル系
  • 雑貨系

おすすめはIT系です。
理由は、給料が高め・スキルが残るから。

IT系といっても、Webやデザインなど幅も広めなので、興味のある仕事はあるかなと思います。

在宅OKな仕事に転職する

コロナの影響で在宅が可能な会社が増えています。
「あれ、出社する必要なくね?」と気づく人が増えたからでしょう。

これはスーツを着たくない人にとってはいい傾向です。
在宅であれば、そもそもスーツを着る必要はありません。

時間短縮になりますし、対人ストレスとかも減るので、在宅の仕事を探しましょう。

勉強してスキルを身につける

IT系ならスキルは必須です。
未経験からでも採用してくれるとこはありますが、今は厳しいと思います。

なので、勉強してスキルや資格を取得しましょう。
私服勤務の仕事だけでなく、在宅を選べたりもします。

また、普段から勉強することも大事です。

▷関連記事:【ITエンジニアが紹介】おすすめのプログラミングスクール3選【無料もある】

副業をする

副業がブームですが、副収入以外にもう一つメリットがあります。
それは副業から独立、転職ができるかもしれないこと。

例えば、「副業でYouTubeを始めて、動画編集の仕事で独立」とかもできるわけです。

単純に可能性が広がるのと、リスクの分散に副業は最適なので、早めにやっておいた方がいいですよ。

フリーランスになる

フリーランスというと難しいイメージがありますが、仕事は割とあります。

  • ライター
  • 動画編集
  • データ入力
  • イラストレーター
  • LP制作

ただ、仕事を取るのが大変なので、完全な未経験とかだと厳しいかも。

フリーランスになりたいなら、副業から始めるのが1番早いと思います。
あとはスキルが身につく仕事をして経験を積むとかです。

まとめ:スーツを着たくないから転職=あり

スーツを着たくないは立派な転職理由です。
一度、私服で働いてみるとスーツを着るのがアホらしくなります。

仕事にスーツかどうかは関係ないと思うんですよね。
「社会人はスーツを着るもの」という考えは古いので、私服勤務を目指しましょう😌

この記事のポイント

  • スーツを着たくないは正しい
  • なぜなら疲れることが多いから
  • スーツは個性を潰している
  • スーツだから服を選ばなくていい、は勘違い
  • スーツはメリットよりもデメリットの方が多い
  • でもモテる
  • 勉強してスキルを身につける
  • 在宅OKな仕事に転職
  • 副業をする
  • フリーランスになる
  • スーツを着たくないから転職もあり
ランキング参加中!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
WORK
スポンサーリンク
Kentoをフォローする
KenTo Blog
タイトルとURLをコピーしました