【通知】ピンタレストを誰でも月間閲覧者数10万人まで伸ばせる方法

仕事が8時間は言うまでもなく長いです【人生の無駄づかい】

WORK
悩んでいる人
悩んでいる人
仕事が8時間とか長い…。
なんで8時間も働かなきゃいけないんだ。
そんなに仕事したくない、あと休みも増やしてほしい。
ケント
ケント

こんな悩みを解決します。

僕も会社員のころ、早く終わらないかなぁ、と毎日思っていました。

そして仕事をしているときって、すごく時間が長く感じるんですよね。

この記事の内容

  • 仕事が8時間は言うまでもなく長いです
  • 仕事を8時間もしたくない人へ

この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、会社員の経験が3年ほどあり、転職を2回ほどしています。
うつ病で退職しており、今はフリーランスとして活動中です。

そんな経験から、8時間も仕事をする必要はない、という話をしていきます。

この記事を読み終えるころには、これから変わる新しい働き方がわかると思います。

スポンサーリンク

仕事が8時間は言うまでもなく長いです

結論から言うと、8時間って働きすぎなんですよね。

なぜなら、8時間労働は昔に決められたことだから。

仕事を8時間と決めたのは100年前

8時間労働が始まったのは、1919年だと言われています。
今から100年以上前の制度を未だに引っ張ってるんですよ。

昔と比べると生活の仕方が変わったり、技術も発展しています。

なのに、8時間労働とか現代人が疲れるのは当たり前。

8時間労働が8時間じゃない件

単純に8時間”だけ”だったらまだ、いいです。

しかし、朝準備したり、通勤に時間を使ったりすると、8時間ではないですよね?

さらに残業とかする人もいるので、帰って寝るだけという生活の人もいると思います。
僕も一時期、そんな生活をしていました。

>> 関連記事:残業が当たり前はおかしいので、さっさと帰るか辞めましょう

仕事は6時間がベスト

世界では、6時間労働を基準とする企業が増えています。

例えば、フィンランドでは週4日+1日6時間労働を検討してますし、スウェーデンでは、試験的に6時間労働が行われています。

ZOZO TOWNで有名な会社も1日6時間労働です。

僕自身も1日の実働は6時間ほどと決めてます。
なぜなら、8時間も集中力が続くわけがないんですよね。

8時間だと時間が足りない

例えば、共働きで子供がいる家庭とかの場合。
フルタイムで働いて家に帰ってから、家事・育児とかしんどいに決まってるじゃないですか。

家族との時間も少ないですし、1人暮らしとかでもやりたいことをやる時間がないですよね。

週休3日になるかもしれない

普段の疲れから休日は寝るだけの人も多いですよね。
「休みが3日くらいあればな」と思った人。

日本でも大企業を中心に週休3日が増えてます。
例えば、Yahooなど。

なので、週5日も働く必要はないということですね。
それでも世界は回ってますし、将来的にAIにほぼ仕事を取られるので。

正社員にこだわる必要はない

例えば、普通の人が週休3日+1日6時間労働をしたいと思っても、無理だと思うのではないでしょうか。

「正社員がいいから、我慢して8時間…」の必要はないですよ。
なぜなら、正社員が安定している時代は終わったから。

今や正社員でも45歳でクビを切られるといいますし、正社員のメリットは薄いです。

仕事を8時間もしたくない人へ

フルタイムがオワコンだとわかったところで、仕事を8時間もしたくない人はどうすればいいか、という話をします。

自分で労働時間を決められるといい

例えば、今日は体調が悪い、気分が乗らない。
そんなときでも、頑張って仕事に行きますよね。

ベストなのは、自分で労働時間や休みを決められることです。

  • 午前中だけやって、午後からは何もしない
  • 今日は郵便局に用事があるから、休みにする

僕は今、フリーランスです。

フリーランスのメリットは不安定な代わりに圧倒的な自由なんですよ。
全て自分で決められるからストレスが少ない。

フリーランスでなくても、コアタイムを自分で決められる会社などおすすめです。

このままの働き方で幸せになれますか?

今、1日8時間+週休2日で働いているあなた。

例えば、仕事内容がITエンジニアとかだと、スキルをためて独立とかの選択肢もありますよね。

その場合であれば、8時間働くのもありだと思います。
僕も実働は6時間ほどと決めていますが、捗っているときはそれ以上働くこともあります。

しかし、8時間働くことがストレスな場合。未来がない場合。
今すぐ転職した方が幸せになれるかもです。

>> 関連記事:おすすめ転職サイト・転職エージェント5選【今すぐ行動しよう】

稼ぎたいなら副業するべき

「8時間労働は嫌だけど、収入が減っちゃうじゃん」という人におすすめなのが副業です。

空いた分の時間を副業に回せば、本業以上に稼ぐことだって可能ですよ。副業の知識やスキルもたまります。

その経験を元に独立したり、転職することもできますよね。

僕にはメリットしか見当たらないです。

まとめ:8時間がつらいなら転職しましょう

収入とかのために8時間も働くのは人生の無駄です。

やりたいことに時間をかけるのは別ですが、1日のベストはやはり6時間くらいだと思います。

つらいなら、今すぐ転職してしまいましょう。
これからの働き方は変わります😌

この記事のまとめ

  • 8時間は働きすぎ
  • 100年も労働時間が変わってない
  • 世界的に6時間労働が増えている
  • 週休3日制も増えている
  • 自分で労働時間を決められるとストレスフリー
  • このままの働き方でいいのか考える
  • 稼ぎたいなら副業すべき
  • 8時間がつらいなら、とっとと転職しましょう
ランキング参加中!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
WORK
スポンサーリンク
Kentoをフォローする
KenTo Blog
タイトルとURLをコピーしました