【通知】ピンタレストを誰でも月間閲覧者数10万人まで伸ばせる方法

仕事についていけない人がやるべきこと【結論:ゲーム感覚が大事】

WORK
仕事についていけない人「仕事についていけない…。しんどいし、つらい。。どうすればいいんだろう。転職も考えるべき?」

こんな悩みについて話していきます。

この記事の内容

  • 仕事についていけない人がやるべきこと
  • 辛さしかないなら転職した方がいい

この記事の信頼性

この記事を書いている僕は未経験から2つの職業についています。
そして、2回ほど転職しています。

そんな背景から、仕事についていけない場合はどうすればいいのか、話をしていきます。

※この記事は、3〜4分で読めます。

スポンサーリンク

仕事についていけない人がやるべきこと

結論は、ゲーム感覚で仕事をすることです。

なぜなら、楽しんで成長できるから。

ゲーム感覚が近道

僕は未経験からITエンジニアとWebデザイナーになっています。
もちろん、何もわからない状態なので、ついていけるわけがありませんでした。

そのときにやっていたことは、とにかく調べまくり、とにかくやりまくることのみです。レベル上げですね。

そしていかに早く仕上げるかを常に試していました。時間とかを計測すると面白いです。

スキルはすぐに身につかない

Webデザイナーに転職した時は、普通に仕事ができるようになるまで、3ヶ月から半年くらいかかりました。

あなたが新入社員、もしくは新しい業界に入ったばかりだとしたら、ついていけないことは気にしなくていいです。普通なので。

スキルが身につくまで、恥ずかしい思いをすることもあると思います。
正しい努力をしていればそのうち慣れてきます。

仕事についていけない理由は3つ

下記のとおりです。

  • 仕事が難しすぎる
  • 仕事の量が多すぎる
  • 教育制度がしっかりしてない

仕事が難しい場合は上記で述べたとおり、調べまくり&やりまくりでなんとかなります。

仕事の量が多すぎる場合も、どうすれば早くこなせるかを考えてやれば、早くはなります。

しかし、明らかに多すぎる場合は上司に相談した方がいいです。

教育制度に関しては、大事なので後述します。

続ければいいわけではない

とりあえず1年続けるとか、3年はやったほうがいいみたいな風潮がありますよね。
しかし、ただ続けているだけでは成長しないです。

というか厳しく言うと時間の無駄です。

毎日、何かを改善するつもりで仕事しましょう。

このブログも少しずつ改善して書いています

一番初めに書いた記事とこの記事を比べると全然、違うと思います。

文章の読みやすさも意識してますし、記事の書き方も変えています。

最初に書いた記事は、恥ずかしいレベルです。
しかし、今はそこそこ書けているつもりなので、成長はしているかな、と思います。

辛さしかないなら転職する

成長を感じず、ただつらいだけの仕事は転職した方がいいかな、と思います。

やるだけ無駄だからです。

会社の教育環境は大事

最初に、わからないことは調べまくる、という話をしました。
しかし、どうしても解決できない問題もあります。

そんなときに気軽に聞ける上司、もしくは同僚の存在は非常に大事です。

質問するとウザそうにされたり、気軽に聞ける人が周りにいないと正直、きついです。

成長できたパターンとできなかったパターン

僕の会社の例ですが、上司が一日の終わりに仕事の進捗を確認する時間がありました。
また、隣の先輩も話しやすい感じだったので、よく相談してました。

転職した別の会社は、自分からするとレベルが高かったです。

勉強不足と言われればそれまでですが、最初は優しい上司でよく教えてくれました。
しかし、途中で上司が別の人に変わり、冷たいというか淡々と仕事をするタイプでした。

すごく質問がしづらい。。

気軽に質問できる環境があると、仕事がしやすいんですよね。
そして成長も早い。

質問しづらいと仕事もしづらく感じました。

明らかにキャパを超えてるなら問題

以下のような感じです。

  • 仕事多すぎ、残業するのは当たり前
  • 上司の仕事の振り方おかしい
  • 管理職になって給料増えてないのに、仕事増えた

まずは、上司に相談する、もしくは他の人に仕事を振るとかしてみてください。

それで、解決しないならやめた方がいいと思います。
過労で身体を壊しますよ。

適当に転職先を決めないこと

仕事についていけないことがつらい、もう限界だという場合は転職を考えてもいいと思います。

仕事はつらいものだという意見もありそうですが、少しでも楽しさがないと、何のために仕事をしているのか分からなくなります。

しかし、適当に転職先を選べばいいわけではありません。

  • 同じ業界ならどのくらいのレベルなのか確認する
  • 未経験なら業務内容を確認する
  • 教育環境はあるか
  • 残業は少ないか(ここが少ないと仕事の量もそこまで多くないはず)
  • 会社の雰囲気など

自分が働きやすそうな会社を選んでください。

転職に関してはプロのエージェントに相談するのが手っ取り早いと思います。
詳しくは以下の記事をどうぞ。

▷ 関連記事:おすすめ転職サイト・転職エージェント5選【今すぐ行動しよう】

この記事のまとめ

  • 仕事が難しいなら、調べまくる&やりまくる
  • しかし、日々の改善は必要
  • 仕事の量が多い場合は、早く出来るように工夫する
  • 時間を測るなど、ゲーム感覚だと楽しい
  • しかし、あまりに多ければ問題なので相談する
  • 気軽に質問できる環境は早く成長できる
  • 仕事についていけないことが辛すぎるなら転職もあり

こちらの記事もどうぞ。

ランキング参加中!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
WORK
スポンサーリンク
Kentoをフォローする
KenTo Blog
タイトルとURLをコピーしました