【通知】ピンタレストを誰でも月間閲覧者数10万人まで伸ばせる方法

仕事で質問したら怒られた←当たり前です

WORK
悩んでいる人
悩んでいる人
仕事で上司に質問したら怒られたんだけど…。
なんでも聞いてって言われたのに意味がわからない。
どうしたらいいんだろう。
ケント
ケント

こんな疑問について答えます。

この記事の内容

  • 仕事で質問したら怒られた←当たり前です
  • 仕事ができる人になるには【正しい質問の仕方】

この記事を書いている僕は、現在フリーランスとして在宅で仕事していますが、3年ほど会社員をしていました。

僕も社会人1年目の頃、よく先輩に質問してましたが、怒られるか嫌な顔をされた経験があります。

今回は仕事で質問したら怒られたという人がいたので、なぜ怒られるのかという話をしていきます。

スポンサーリンク

仕事で質問したら怒られた←当たり前です

僕もよく周りの人に質問されることがあるのですが、その時に「自分でググったら出てくるでしょ…」と思います。

一応、返答はしますが、自分で調べればいいと思うんですよね。

なんでも聞いて→少しは自分で考えろの意味

よく配属されたばかりとかだと、先輩や上司に「分からないことがあったら何でも聞いて」と言われませんか?

それで質問すると、最初の方は答えてくれるかもしれませんが、何回かすると、「少しは自分で考えろ」と言われたりします。

そこで質問した人は怒るわけですが、この「なんでも聞いて」の前には略されている言葉があったりします。

それは「(自分で考えて、調べた上で本当に分からなかったら)なんでも聞いて」です。

多くの人は正直に言葉の意味を受け取って本当になんでも、1〜10まで質問します。それが許されるのは小学生くらいです。

なお、理不尽に怒られるとかの場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

一旦、自分で調べてみる

簡単なことや分からないことでも、自分で調べて考えた上で、質問したほうがいいです。

僕も新入社員のころ、わからなければネットで調べるという「常識」がなかったので、分からないことが出るたびに隣の先輩に聞いては自分で考えろ、と言われてました。

少ししたらその先輩が、質問したことを調べてくれたりしたので、まだ優しい人でした。

質問することは相手の時間を奪う行為

極端な話、時給6000円の人に10分質問をするだけで、1000円に相当するわけです。

単純にその人にも自分の仕事があるわけで、質問に答えている間は手が止まるので、何回も質問されるとちょっとイラっとすると思います。

なので、できるだけ自分で考えて調べるという癖をつけた方がいいです。

僕は気になることがあったらすぐググります。聞いたところでその人が知ってるか分からないし、わからないまま放置しておくのも気持ち悪いので。

ネットで検索の仕方がわからない

調べることに慣れてないと、疑問がおきた時なんて調べたらいいかわからないんですよね。

こうやればいい、というものはなくて、ただひたすら言葉を変えて何回も調べるしかないです。

そのうち、これだったらこの検索ワードが出てきやすいか、とか分かるようになってきます。

仕事ができる人になるには【正しい質問の仕方】

仕事ができる人は質問するタイミングや内容など、相手を気遣うことができます。

具体的には以下のようなポイントです。

  • 相手の手が空いたタイミングで質問する
  • 数字を使う
  • 質問する内容をまとめておく
  • 自分で調べたことを伝える

数字を使うと伝わりやすい

例えば、「あとどのくらいで仕上がる?」と聞かれた時に、「もうすぐです」と答えるより、「あと10分です」の方がわかりやすいですよね。

同じように、「質問が2つあるんですが」や「5分ほどよろしいでしょうか」など、どのくらいの質問量があって、どのくらい時間がかかるかを相手に伝わるようにするといいです。

自分で調べたことを前置きする

質問したことに対して、どのくらい理解しているのかを相手は知りません。

なので、「これはこう思うのですが、合っていますでしょうか」と自分が調べたり、考えたことを最初に伝えることで、相手は説明する手間が省けます。

本当にわからないことだけを質問しているのに怒られる、という人はこれで合っているか、という質問の仕方をすれば怒られることが少なくなるかもしれません。

番外編:オウム返しが最強な話

相手が話した内容を最後に自分の言葉で質問し直す、つまり再確認することで認識のズレやミスを防げます。

これはバックトラッキングと言われる心理効果で、普段のコミュニケーションにも使えます。

同じことを聞き返すだけで、関心を持っていることが伝わり、相手に好意を持たれやすくなります。

例えば、「この前、猫を見た」という話をされたら、「へえ!猫を見たんだ。どんな猫?」というように会話を広げることもできます。

仕事ができる人は質問が上手

会話上手な人は質問上手です。

日常の何気ないところでも質問は多く使われていますが、いい質問はお互いにメリットを与えます。

例えば、「A案に賛同します。しかし、ここを変えればさらに分かりやすくなるかと思うのですが、いかがでしょうか?」

このように質問すると、相手の意見を否定することなく、しかも自分の意見を伝えられます。そして新しい問題に気付くことがあるかもしれません。

それが評価に繋がったり、信頼に繋がるので、質問力を磨くということはある意味、仕事が上達することの一番の近道かもしれません。

ランキング参加中!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
WORK
スポンサーリンク
Kentoをフォローする
KenTo Blog
タイトルとURLをコピーしました