【通知】ピンタレストを誰でも月間閲覧者数10万人まで伸ばせる方法

仕事は「やりがい」と「お金」どっちが大事?【目的はお金】

WORK
どっちが大事かわからない人「仕事において、やりがいとお金って結局、どっちが大事なんだろう。何を軸にして生きればいいか分からないから、みんなの意見が聞きたい。」

こんな悩みについて話していきます。

この記事の内容

  • 仕事は「やりがい」と「お金」どっちが大事?
  • やりがいとお金、両方を手に入れるには?

この記事を書いている僕はフリーランスとして生活しています。
その前は会社員で、うつ病になって退職しています。

そんな背景からやりがいとお金、どっちを大事にすればいいか、という話をしていきます。

※この記事は、3〜4分で読めます。

スポンサーリンク

仕事は「やりがい」と「お金」どっちが大事?

個人としてはやりがいが大事だと思います。
なぜなら、やりがいを無くして、うつ病になっているからです。

仕事をする目的はお金

みなさんが仕事をする理由としては、おそらく「生活をするため」だと思います。

お金があれば、趣味でもない限り、仕事なんてしないですよね?笑
なので、前提はお金です。

結局、どっちなんだよって話ですよね。すいません。

やりがい派とお金派は半分くらい

たびたび、この論争がありますが、ビジネスマン300人にアンケートを取ったそうです。

すると、「お金派は55.2%」「やりがい派は44.8%」だったそうです。
だいたい半分ずつくらいですね。

▷ 参考:お金とやりがい、仕事に求めるのはどっち? | マイナビニュース

僕はやりがい派です

過去に2回、転職していますが、その理由はやりがいを無くしたからです。
僕の「やりがいのある仕事」の基準は、自分がやっていて楽しい仕事であるか、です。

当時やっていた仕事が、つまらなく感じてしまい、それでも続けていたらうつ状態になりました。

いくらお金のためでも、我慢し続ければ、体が壊れてしまいます。

何を大事にしているか

例えば、以下の2つだったらどちらを選択しますか?

  • やりがいはある。残業はなくて、生活に困らないくらいの給料しかもらえない仕事
  • やりがいはない。残業しまくって、年収800万もらえる仕事

おそらく、どちらも一定数いると思います。

やりがいとお金のどっちを大事にすればいいか、という問題ですが、答えは「自分が何を大事にしているか」で決まると思います。

例えば、プライベートを大事にするなら、前者を選ぶでしょう。
そうでなく、欲しいものがたくさんある、とかだと、後者を選ぶと思います。

どちらかに基準を置くのであれば、お金を優先した場合、やりがいを優先した場合の自分の姿を想像をしてみるといいです。

やりがいとお金、両方を手に入れるには?

どうせならどっちも手に入れればいいと思うんですよね。

スキルを取得して、成長すること

スキルが必要な仕事はやりがいがあり、給料も高い傾向があります。

逆にスキルが必要ない仕事というのは、厳しく言うと誰でもできる仕事です。

そして、単純作業であることが多いので、給料がいつまでたっても上がりません。
単純作業は、いずれAIに仕事を奪われるので、職を失うリスクもあります。

例えば、無人のコンビニや会社の受付などがわかりやすいでしょうか。

そう考えると、大事なのはスキルを取得することです。

おすすめのスキルはプログラミング

義務教育でも必須になるほど、プログラミング技術は需要が高いです。
大人でもプログラミングを学ぶ人は増えています。

あとは、日本人は英語がわからない人が多いので、英語の翻訳スキルとかもいいと思います。

給料の水準が高い業界に入る

IT業界を例にしてみます。

僕はIT業界出身なので、ポジショントークみたいになって申し訳ないですが、IT業界はまず給料の水準が高いです。

当時の僕は、IT未経験の専門卒ですが、大卒の同期と給料は変わらなかったです。

そして1つ上の先輩はさらに9万くらい多くもらっていたので、年齢関係なくスキルさえあれば、お金はもらえる印象でした。

次にやりがいですが、IT業界にもいろんな職種がありまして、2つ例を出します。

  • Webデザイナー
  • プログラマー

例えば、絵を描くのが好きなら、Webデザイナーに通ずるところがあると思います。
ものづくりが好きだったり、計算が好きなら、プログラマーに通ずるところがあるでしょう。

給料の水準が高い業界に入って、その中で自分が好きなことに関係する仕事を選ぶと、やりがいとお金の両方を得られると思います。

やりがいとお金、どっちも手に入れよう

欲張りでいいと思います。

仕事を楽しみながら、お金をもらえたら最高ですよね。
なら、どうすれば、それを実現できるか考えてください。

特にやりたい仕事がないなら、興味のある仕事を選ぶ

給料を重視しつつ、自分が興味を持った仕事について徹底的に調べてください。
そして、面白そうだと思ったらやってみたらいいと思います。

そこからやりがいに繋がったりします。僕もそうでした。

最初からお金に全振りするのもいいですが、その仕事をやった先に何が残るのかを考えないと、時間を無駄にする可能性があります。

何を大事にするのか、自分で考えながら決めてください。

ランキング参加中!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
WORK
スポンサーリンク
Kentoをフォローする
KenTo Blog
タイトルとURLをコピーしました